小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2022.01.13 UP
#13
SHARE

自然を体験できるくらし

新年に新しいチャレンジしませんか?自然を体験できるくらし

自分らしく生きる場として地方に注目する若者が増え、都心部から地方へ移住しようとする流れが広まっています。 子供の教育面でも、自然が多い地方での生活は「学校や家庭では得られない貴重な体験ができる」と多くの人が好意的に捉えています。 東京から車で90分の小美玉で、「自然を体験できるくらし」を積極的に楽しむ人々の声をご紹介します。

今回の記事で紹介するモノ・コト

シビック・ガーデンを借りる大学生に取材!

大学4年生 中村 大希さん(希望ケ丘)
畑歴:1年6か月
育てた作物:さつまいも、苺、人参など

勢いで借りたシビック・ガーデン

新型コロナウイルスが流行するまでは、カナダに留学中でした。その後日本に戻ることを余儀なくされ、残りの学生生活は実家がある小美玉で過ごすことに。コロナ禍で不自由な生活を送っていた中、たまたま再会した幼なじみと「何かやりたいね」と意気投合し、幼なじみの祖父が利用していたシビック・ガーデンを借りてみました。
畑を始めるまで、野菜は簡単に生えるものだと思っていましたが、実際に栽培するとうまくいがず、慣れるまでたくさんの人に助けてもらいました。
食べ物の意識も変化しました。以前はただモノとして食べていたのですが、苦労があって作られていると気づき、敬意をもって食べるようになりました。

畑から始まるコミュニケーション

当初は、家族に「また変なこと初めて...」とあきれられましたが、近隣の人に野菜をおすそわけしたら喜んでもらえて、コミュニケーションのきっかけに。野菜をスーツケースに詰め、大学まで運んで友人に配ったこともありました。地域の魅力発信にもつながったと思います。

小美玉市美野里シビック・ガーデンhttps://omitama-agri.jimdosite.com/





自然が近くてのびのび子育てできます

東京からUターン
保田 孝雄さん(張星)

東京に住んでいましたが、現在は地元の小美玉に戻り、テレワークをしながら暮らしています。東京では家の中でしか遊ばせることができず、生き物に触れる機会も少なかったですが、小美玉だとさまざまな生き物に実際に触れられます。
自分が幼少期から当たり前に行っていた土いじり。土に住む生き物に出会うことで生命を大切にするこ心が育まれるので、子どもにも積極的に土いじりさせています。庭でトマトなどの夏野菜を育てたことも。
野菜が成長していく様子を見て、育てたものを食べることは魅力的で、子どもの教育にも良いことだと思います。

他の記事を読む
  • #12
    2021.12.03 Up

    鍋が恋しい季節。鍋にぴったりの冬野菜が美味しい時期になりました。新鮮な地元野菜が並ぶ直売所へ繰り出せば、大きく育った野菜に驚いたり、新たな食材とも出会えたりと、買い物がワクワクするお出かけに変身!鍋食材を集めたら、家でお…

  • #11
    2021.12.03 Up

    カフェギャラリー ベルデ 季節のフルーツをふんだんに使った贅沢なパフェが食べられる。 気さくな人柄の店主、鬼田さん(写真奥右)・小田部さん(同左)との会話も楽しいアットホームな雰囲気が人気。 住所:小美玉市江戸575-5…

  • #10
    2021.12.02 Up

    レンコンの魅力を伝えたい これからの季節、おせちなどにも使われ「先が見える、見通しがきく」縁起物とされるレンコン。茨城県は、レンコンの生産量で全国ダントツの1位を誇ります。その産地は、霞ヶ浦周辺に集中していて、小美玉市も…