小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2021.10.18 UP
#02
SHARE

小川のにら

小美玉のにら

小川地区、美野里地区で盛んに生産されている小美玉市のニラは、葉幅が広く肉厚で、柔らかさと甘さがあると評判です。 主に首都圏の市場に出荷され、たくさんの人たちの元へ届けられています。 ニラはほぼ1年を通して出荷されています。ビニールハウスで栽培される冬ニラと、 露地や雨よけをかけて栽培される夏ニラがあります。 初収穫のニラは「一番刈り」と呼ばれ、特に肉厚で柔らかくおいしいニラです。 刈り取り後は新しい葉が伸び、 30日程度で次の収穫時期を迎えます。 一株で7~8回収穫することができます。

今回の記事で紹介するモノ・コト

やる気と頑張りが結果に表れる。 農業って面白い!

JA 新ひたち野 小川にら部会 青年部  長島 聖さん

2016年に新規就農。 以前は東京で 別の仕事をしていましたが、 結婚を機に地元に戻り、 祖父の農地を引き継ぎま した。 初めは祖父がやっていた大根を作りながら、農業の学校に通い勉強。翌年からニラに切り替え、JAの小川にら部会にも入りました。 現在は、 祖父母や両親、 親戚、 技能実習生の9名でニラを作っています。

ニラづくりで大事な工程に「養生」があります。ハウスニラの場合、 6月に植え付けしてから半年かけてニラの株を大きく育てる 「養生」を経て、1月に初収穫を迎えます。初収穫した「一番刈り」 のニラが良い出来だと、温度管理や肥料の追加などの管理がうまくいった証拠。 努力が目に見えるので、うれしくなりま す。 今後は、品質向上や規模拡大にも挑戦したいです。 自分のやる気と頑張り次第で規模を拡大できる農業は、 将来性のある面白い仕事だと思います。 栄養豊富な良いニラを作って、 たくさんの人に食べてもらいたいです。

他の記事を読む
  • #12
    2021.12.03 Up

    鍋が恋しい季節。鍋にぴったりの冬野菜が美味しい時期になりました。新鮮な地元野菜が並ぶ直売所へ繰り出せば、大きく育った野菜に驚いたり、新たな食材とも出会えたりと、買い物がワクワクするお出かけに変身!鍋食材を集めたら、家でお…

  • #11
    2021.12.03 Up

    カフェギャラリー ベルデ 季節のフルーツをふんだんに使った贅沢なパフェが食べられる。 気さくな人柄の店主、鬼田さん(写真奥右)・小田部さん(同左)との会話も楽しいアットホームな雰囲気が人気。 住所:小美玉市江戸575-5…

  • #10
    2021.12.02 Up

    レンコンの魅力を伝えたい これからの季節、おせちなどにも使われ「先が見える、見通しがきく」縁起物とされるレンコン。茨城県は、レンコンの生産量で全国ダントツの1位を誇ります。その産地は、霞ヶ浦周辺に集中していて、小美玉市も…