小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2022.03.14 UP
#15
SHARE

まちの灯台 羽鳥駅

まちの灯台 羽鳥駅

羽鳥駅は、その名にちなんで鳥が翼を広げた立体感のある姿をしています。 屋根や階段の手すり、壁面の間接照明が効果的で、「まちの灯台」にふさわしく、夕暮れに浮かび上がります。 1895年(明治28年)に開業して今年で127年。羽鳥駅は姿を変えながら、陸の玄関口として、東口と西口の人の流れをよりスムーズにし、市外からの人の往来も促しています。

今回の記事で紹介するモノ・コト

今年で開業127年

日本の鉄道は、1872年(明治5年)9月12に新橋駅−横浜駅間で正式開業したのが始まりで、羽鳥駅はその23年後、1895年(明治28年)12月1日に開業しました。常磐線は、常磐炭田の石炭輸送ほか、日立鉱山、日立製作所関連の人員・物資輸送で、戦前・戦後を通じて国内経済発展に欠かせない存在となっていきました。羽鳥駅は今年で開業127年になります。

安心安全な「まちの灯台」

これまで東口からの利用者が東京方面の電車に乗る場合、階段を2回昇り降りする必要がありました。人道橋を一度昇り降りし、さらにホームの階段を昇り降り。施設のバリアフリー化と、西口の交通混雑が課題となっていました。
そこで、2014年度に測量・地質調査を始め、JR東日本との協定を結び、2017年度から橋上駅舎、東西自由通路、エレベーター、トイレなどの工事が始まりました。
2020年2月16日、エレベーターと通路で東西エリアを結び、鳥が翼を広げたような屋根を持つ、新しい羽鳥駅舎が完成しました。2021年3月31日には東西駅前広場も完成。羽鳥駅周辺を「まちの灯台」に見立て、いつも明るく安心安全な場とすることを目指し、便利で賑わいのある拠点が誕生しました。

地域に愛される駅に 1895−2022

「明るく楽しく」がモットー
石岡駅は羽鳥駅も管轄しており、羽鳥駅の直接的な運営は(株)JR東日本ステーションサービスに委託しています。
駅社員に伝えている信条は「明るく楽しく」。自分たちが楽しくなければ、お客様に楽しい旅行をお届けできません。そのためにはまず自分から駅社員に毎朝声掛けし、体調を確認しながら顔を見て話すことを大切にしています。 
私自身、旅好きです。旅先でも駅を見て、どんなサービスをしているのか必ず見て、駅運営の参考にしています。

興味を持つ企画を 
駅に興味を持ってもらい、訪れてもらうため、地域の皆様と連携して、さまざまな企画をしたいと思っています。小学生の社会科見学や、中学生の職場体験では構内放送してもらうなど、いろいろな体験をしていただけると思います。
駅をご利用いただく地域の皆さまが喜ぶ表情が私たちのエネルギーです。地域に愛される駅になるよう努力してまいりますので、ぜひ駅に足をお運びください。
他の記事を読む
  • #17
    2022.04.30 Up

    学校規模配置適正化が完了 平成22〜27年に保護者、地域、教職員が検討・策定した「学校規模配置適正化実施計画」は、児童生徒の減少による学校の小規模化、施設の老朽化・耐震化などの課題に対応するとともに、小中一貫教育など新し…

  • #16
    2022.03.14 Up

    生田目 美紀 国立大学法人筑波技術大学 産業技術部 教授。大学では、聴覚に障害のある学生に情報デザインを教える。日本デザイン学会副会長。 博士(完成科学)・修士(芸術学)筑波大学。1999年筑波技術短期大学講師を経て20…

  • #14
    2022.02.17 Up

    11月から5月までの収穫時期は、収穫や出荷準備で忙しく休みがとれないといういちご生産。農家の皆さんはより美味しいいちごを消費者に届けようと、日々工夫を重ねています。「大変だけど、やりがいがある」いちごづくりへの想いを聞き…