小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2021.11.24 UP
#08
SHARE

光洋書道教室 −義父から義娘へ−

技を継ぐ

長い年月をかけて叩き込んだ技と、磨き抜いた感性を駆使し、 私たちを魅了する伝統の技には、日本人の美徳が刻み込まれています。 小美玉にも、そんな伝統の技を受け継ぎ、次代につなごうとする匠たちがいます。 人生をかけて伝統の技を継ぐ、3組の家族を取材しました。

今回の記事で紹介するモノ・コト

資質を認め、伸ばす

「書家の家に嫁いだのはたまたまです」と言う原田恵吹さん。書道は小学1年から高校2年まで続けました。
義父の原田光洋さんのことは結婚前 から「すごい書家」と聞いていて、結婚後、光洋さんのもとで書道を再開。

光洋さんは、「初めは恵吹さんに書道教室を手伝ってもらおうなんて 全く思っていなかった」と言います。
自由に書道を続けてもらえたら、と思っていましたが、子ども好きで面倒見が良い恵吹さんの姿を見ているうちに「指導者の資質がある」と感じ始めました。

恵吹さんが書道講師になったのは、自分の子どもとの時間を大切にしたいと会社勤務を辞め、時間の融通が 利く仕事を探そうとしていた時に「書道教室を手伝ってみないか」と光洋さんから誘われたことがきっかけでした。
教室に通う子たちの成長を見守りながら、自身の技術向上のために定期的に展覧会へ出展。
「書道を通して、努力は裏切らないことを伝えたい」と言います。

教え子たちが、大きくなっても会ったときに話しかけてくれることが嬉しく、「こんな幸せな仕事に導いてくれた義父に感謝しています」と語る恵吹さん。光洋さんが恵吹さんの資質 を認め、タイミング良く後押ししたことが、恵吹さんの道を拓きました。

他の記事を読む
  • #12
    2021.12.03 Up

    鍋が恋しい季節。鍋にぴったりの冬野菜が美味しい時期になりました。新鮮な地元野菜が並ぶ直売所へ繰り出せば、大きく育った野菜に驚いたり、新たな食材とも出会えたりと、買い物がワクワクするお出かけに変身!鍋食材を集めたら、家でお…

  • #11
    2021.12.03 Up

    カフェギャラリー ベルデ 季節のフルーツをふんだんに使った贅沢なパフェが食べられる。 気さくな人柄の店主、鬼田さん(写真奥右)・小田部さん(同左)との会話も楽しいアットホームな雰囲気が人気。 住所:小美玉市江戸575-5…

  • #10
    2021.12.02 Up

    レンコンの魅力を伝えたい これからの季節、おせちなどにも使われ「先が見える、見通しがきく」縁起物とされるレンコン。茨城県は、レンコンの生産量で全国ダントツの1位を誇ります。その産地は、霞ヶ浦周辺に集中していて、小美玉市も…