小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2021.11.24 UP
#09
SHARE

安達建具(株)−父から子へ−

技を継ぐ

長い年月をかけて叩き込んだ技と、磨き抜いた感性を駆使し、 私たちを魅了する伝統の技には、日本人の美徳が刻み込まれています。 小美玉にも、そんな伝統の技を受け継ぎ、次代につなごうとする匠たちがいます。 人生をかけて伝統の技を継ぐ、3組の家族を取材しました。

今回の記事で紹介するモノ・コト

楽しさと感謝を伝える

1935年(昭和10年)創業。 86年の実績と信用を積み重ねてきた老舗の3代目安達克敏さん。元々ものづくりが好きだったことと、「長男だから」 父に弟子入り。「それが当たり前の時代でしたから。ただ、今はそうではない」と語ります。

後継者に恵まれず廃業する建具店も多く、克敏さんも、息子の将伍さんに「後を継げ」とは言いませんでした。 ただ、食卓を囲みながら仕事の話が出たときは、「楽しさとお客様への感謝」を口にするよう心掛けました。

将伍さんは工業高校の建築科に進学後、徐々に家業を継ぐことを意識し始めました。県内で最も若い後継者に恵まれている克敏さんは、「ありがたいと思っています。自分もまだまだ新しいことに挑戦していきたい」と 目を輝かせていました。

1.特殊なカンナを使用して組子のパーツを切り出す。

2.パーツは0.1ミリでも狂うと合わなくなる。斜めの切り込みも手仕事で。

3.地組にパーツをはめ込む。

4.伝統的な意匠「菱田の字組み」。欄間(らんま)などに使われる。

他の記事を読む
  • #12
    2021.12.03 Up

    鍋が恋しい季節。鍋にぴったりの冬野菜が美味しい時期になりました。新鮮な地元野菜が並ぶ直売所へ繰り出せば、大きく育った野菜に驚いたり、新たな食材とも出会えたりと、買い物がワクワクするお出かけに変身!鍋食材を集めたら、家でお…

  • #11
    2021.12.03 Up

    カフェギャラリー ベルデ 季節のフルーツをふんだんに使った贅沢なパフェが食べられる。 気さくな人柄の店主、鬼田さん(写真奥右)・小田部さん(同左)との会話も楽しいアットホームな雰囲気が人気。 住所:小美玉市江戸575-5…

  • #10
    2021.12.02 Up

    レンコンの魅力を伝えたい これからの季節、おせちなどにも使われ「先が見える、見通しがきく」縁起物とされるレンコン。茨城県は、レンコンの生産量で全国ダントツの1位を誇ります。その産地は、霞ヶ浦周辺に集中していて、小美玉市も…