小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2022.04.30 UP
#17
SHARE

小川北義務教育学校 開校

START!

光あふれる新校舎の廊下で撮影した一枚。小川北義務教育学校生徒会の皆さんが、新1年生を笑顔で歓迎しています。 改めて足を踏み入れたという新校舎に、生徒会の面々から「すごい!」「きれい!」という歓声が上がりました。新しい学校で、新しい仲間との生活が始まります。

今回の記事で紹介するモノ・コト

学校規模配置適正化が完了

平成22〜27年に保護者、地域、教職員が検討・策定した「学校規模配置適正化実施計画」は、児童生徒の減少による学校の小規模化、施設の老朽化・耐震化などの課題に対応するとともに、小中一貫教育など新しい学校づくりへの取り組みを進める計画です。計画に基づき、平成31年に「小川南小学校」、令和3年に「玉里学園義務教育学校」が開校。そして今春、小川北中学校区の小中学校を統合した「小川北義務教育学校」がスタートしました。

校章

原案:山本洋平さん(小川北学区在住)

野田・上吉影・下吉影の3地区の輪を、3枚の花弁を持つ花で表現。それぞれの輪の中には「小川北」の文字があしらわれています。
統合で地域の輪が1つとなり児童生徒が切磋琢磨することで、地域に新たな花を咲かせ、新しい歴史を創り上げてほしいという想いが込められています。

多様な学年の子どもたちが活発に交流できる環境

◇広いスペース・吹き抜けで開放的な図書館
◇児童・生徒の学習・発表の場 多目的ホール
◇さまざまな遊具があるサブグラウンドを校舎に併設

多様な教育に対応できる充実した学習環境を整備した新校舎。非常用自家発電機など防災機能を兼ね備え、災害時には地域の避難所としての役割も担います。

羽ばたこう 明るい未来へ

小美玉市教育委員会 羽鳥 文雄 教育長

小川北義務教育学校がスタートしました。明るくきれいな教室、1年生から9年生までの交流活動、教科担任制度など、この学校には学ぶ楽しさが数多くあります。

子どもたちには「真剣な眼差しと輝く笑顔」を絶やすことなく、夢や目標に向かって前向きに取り組み、自分の良さや可能性をぐんぐん伸ばしてほしいと願っています。

今後も、未来の宝であり、地域の宝でもある子どもたちが、義務教育学校での9年間の学びを通して成長できるよう、市民の皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。


市立学校は9校に

小学校/
竹原小学校、羽鳥小学校、堅倉小学校、納場小学校、小川南小学校
中学校/
小川南中学校、美野里中学校
義務教育学校(9年制)/
玉里学園義務教育学校、小川北義務教育学校

教育環境の改善

美野里中学校
校舎内のすべてのトイレを洋式化。清潔で使いやすくなりました。
竹原小学校
体育館の全面改修が終了。伸び伸びと学べる環境に生まれ変わりました。

他の記事を読む
  • #16
    2022.03.14 Up

    生田目 美紀 国立大学法人筑波技術大学 産業技術部 教授。大学では、聴覚に障害のある学生に情報デザインを教える。日本デザイン学会副会長。 博士(完成科学)・修士(芸術学)筑波大学。1999年筑波技術短期大学講師を経て20…

  • #15
    2022.03.14 Up

    今年で開業127年 日本の鉄道は、1872年(明治5年)9月12に新橋駅−横浜駅間で正式開業したのが始まりで、羽鳥駅はその23年後、1895年(明治28年)12月1日に開業しました。常磐線は、常磐炭田の石炭輸送ほか、日立…

  • #14
    2022.02.17 Up

    11月から5月までの収穫時期は、収穫や出荷準備で忙しく休みがとれないといういちご生産。農家の皆さんはより美味しいいちごを消費者に届けようと、日々工夫を重ねています。「大変だけど、やりがいがある」いちごづくりへの想いを聞き…