小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2021.12.02 UP
#10
SHARE

玉里のレンコン

後継者会の皆さん
後列左から福田さん、山口さん、坂さん、石橋さん、室町さん、橋本さん、斎藤さん 前列左から植田さん、小松さん

小美玉のレンコン

玉里地区のレンコンは、水戸黄門で知られる徳川光圀が、隠居後73歳で死ぬまでの10年間を過ごした西山荘への献上品としても知られています。 光圀が日本で最初に食したと言われるラーメンは、レンコンを粉にして小麦粉と混ぜ、麺を作ってできたもので、来訪した僧侶や家臣にふるまったとの記録もあるそうです。

今回の記事で紹介するモノ・コト

レンコンの魅力を伝えたい

これからの季節、おせちなどにも使われ「先が見える、見通しがきく」縁起物とされるレンコン。茨城県は、レンコンの生産量で全国ダントツの1位を誇ります。その産地は、霞ヶ浦周辺に集中していて、小美玉市も主要な産地の1つです。

玉里地区の広大な蓮田に囲まれたJA新ひたち野玉里集荷所に集まってくれた後継者会の皆さん。
「小さい頃から働く父の姿を見ていましたので、正直、最初は抵抗がありましたよ」
「会社勤めよりも、自分の時間で行動できるし、農家の暮らしが自分にはあっているかも」
「ここで生まれ育ったから、いずれやるもんだって思いは学生のときからありました」
「じいちゃんの実家がレンコン農家でしたから」

始めたきっかけや転機は様々ですが。美味しいレンコンを消費者に食べてもらうために、生産者は努力を惜しみません。
レンコンを折らないよう、傷つけないように注意を払って田んぼに入ります。折れると穴の中に泥が入ってしまい、商品価値が落ちて、売れなくなってしまいます。片手でホースを持ち、水圧でレンコンの周りの土を払い、手探りで掘ります。昔から比べると、手間も減っているそうです。農業は大変だと言われがちですが、新たな農業スタイルとレンコンの魅力を広めるために日々レンコンと向き合っていくと彼らは言います。
他の記事を読む
  • #13
    2022.01.13 Up

    シビック・ガーデンを借りる大学生に取材! 大学4年生 中村 大希さん(希望ケ丘) 畑歴:1年6か月 育てた作物:さつまいも、苺、人参など 勢いで借りたシビック・ガーデン 新型コロナウイルスが流行するまでは、カナダに留学中…

  • #12
    2021.12.03 Up

    鍋が恋しい季節。鍋にぴったりの冬野菜が美味しい時期になりました。新鮮な地元野菜が並ぶ直売所へ繰り出せば、大きく育った野菜に驚いたり、新たな食材とも出会えたりと、買い物がワクワクするお出かけに変身!鍋食材を集めたら、家でお…

  • #11
    2021.12.03 Up

    カフェギャラリー ベルデ 季節のフルーツをふんだんに使った贅沢なパフェが食べられる。 気さくな人柄の店主、鬼田さん(写真奥右)・小田部さん(同左)との会話も楽しいアットホームな雰囲気が人気。 住所:小美玉市江戸575-5…