小美玉市移住定住サイト

おみたまくらし

小美玉市とモノとコトとストーリー

2021.10.18 UP
#03
SHARE

美野里のにら

小美玉のにら

小川地区、美野里地区で盛んに生産されている小美玉市のニラは、葉幅が広く肉厚で、柔らかさと甘さがあると評判です。 主に首都圏の市場に出荷され、たくさんの人たちの元へ届けられています。 ニラはほぼ1年を通して出荷されています。ビニールハウスで栽培される冬ニラと、 露地や雨よけをかけて栽培される夏ニラがあります。 初収穫のニラは「一番刈り」と呼ばれ、特に肉厚で柔らかくおいしいニラです。 刈り取り後は新しい葉が伸び、 30日程度で次の収穫時期を迎えます。 一株で7~8回収穫することができます。

今回の記事で紹介するモノ・コト

手間を惜しまずこつこつと。 おいしいニラを作り続けたい。

JA新ひたち野 美野里にら生産部会 青年部 小田部 基樹さん

ニラ農家の親のもとで 、自分も20歳からニラづくりを始めました。4ヘクタールほどの農地で、常にニラを作付けしているのは半分ほど。 残りの半分は土地を休ませて次の作付けに備えています。年間を通して安定的に出荷できるよう、いつも数か月先のことを考えて計画的に 仕事をしています。

ニラにはランクがあり、一番上の等級の中でも厳選されたニラが 「美野里緑王にら」として売られています。 一般的なニラよりも価格が高いのは、手間をかけて品質を高めているから。 特に気を配っているのが、温度管理です。 美野里のニラは、夏は雨よけビニールをかけ、冬はハウス栽培。 ハウス内をニラの生育によい温度に保つため、冬ニラの時期は毎日2時間以上かけて畑を見回って、ハウスの窓の開け閉めや遮光ネットの調節をします。大変な作業ですが、ニラ生産者はみんな当たり前にやっていることです。 品質の高いおいしいニラを食べてもらうために、これからも手間を惜しまず、 当たり前のことを続けていきたいです。

他の記事を読む
  • #12
    2021.12.03 Up

    鍋が恋しい季節。鍋にぴったりの冬野菜が美味しい時期になりました。新鮮な地元野菜が並ぶ直売所へ繰り出せば、大きく育った野菜に驚いたり、新たな食材とも出会えたりと、買い物がワクワクするお出かけに変身!鍋食材を集めたら、家でお…

  • #11
    2021.12.03 Up

    カフェギャラリー ベルデ 季節のフルーツをふんだんに使った贅沢なパフェが食べられる。 気さくな人柄の店主、鬼田さん(写真奥右)・小田部さん(同左)との会話も楽しいアットホームな雰囲気が人気。 住所:小美玉市江戸575-5…

  • #10
    2021.12.02 Up

    レンコンの魅力を伝えたい これからの季節、おせちなどにも使われ「先が見える、見通しがきく」縁起物とされるレンコン。茨城県は、レンコンの生産量で全国ダントツの1位を誇ります。その産地は、霞ヶ浦周辺に集中していて、小美玉市も…